慈修会 上田腎臓クリニック

お知らせ・トピックス

HOME > お知らせ・トピックス > 尿潜血だけでてるんです。

医師相談室

2013年11月26日

尿潜血だけでてるんです。

検尿異常で一番多いのは、尿潜血だけ毎年でている患者さんです(尿たんぱくはマイナス)。

これほとんどのケースでは、問題ないことが多いです。患者さんには『腎臓は、ざる、みたいな臓器なので、たまに赤血球をおしっこに漏らしちゃうんだよ』と説明しています。

しかし、ごくまれに危険なケースがあります。これが尿路系のガンです。膀胱癌、腎癌、前立腺がん、尿管がん・・・こういったものが隠れている時が稀にあるので尿潜血でも大丈夫!とは言い切れません。

そこで、当院では尿潜血がでている初診の患者さんには1度は

①CTで尿路系にガンがないか確認(エコーだと見えにくいときがある)

②尿に癌細胞がいないか(尿細胞診)確認。         この2つで尿路系のガンではないよ、という事を確認してきます。

また、尿タンパクが(-)であっても、実は精密検査をするとタンパク尿がでているケースもあり、このような場合は腎炎が隠れている事もあるのでタンパク尿の精密検査も行っています。                       

        ↓

③尿タンパク定量検査(〇mgという単位)

タンパク尿の量が多いと腎不全になってしまう場合がありますので、この場合の対応はまた次回に御報告したいと思います

医師相談室


« 前の記事 | | 次の記事 »