慈修会 上田腎臓クリニック

医療情報

HOME > 医療情報 > 慢性腎臓病について

慢性腎臓病について

慢性腎臓病(CKD: Chronic kidney disease)とは

慢性腎臓病図

上田腎臓クリニックは昭和61年の開設時から慢性腎不全に対する透析医療に力を注いできましたが、20数年前の当時は、透析医療がようやく普及しはじめた頃であり、地域の皆さまだけでなく医療従事者にとっても「透析」「腎不全」というものは不安なものと思われてきました。

しかし、現在では透析医療により患者さまが長生きできるようになったことと、新たな患者さまが増えてきたことにより、透析患者数は全国で26万人をこえ(2008年現在)、人口500人に一人くらいの割合で透析を受けていることになります。

さらに"透析は受けていないけれども腎臓が悪い"という方の数はもっと多く、最近では「慢性腎臓病、CKD: Chronic kidney disease」と称して、「高血圧」や「心臓病」とは切っても切り離せない病気である、と認識されるようになりました。

上田腎臓クリニックは昭和61年の開設時から慢性腎不全に対する透析医療に力を注いできましたが、20数年前の当時は、透析医療がようやく普及しはじめた頃であり、地域の皆さまだけでなく医療従事者にとっても「透析」「腎不全」というものは敷居の高いものであったと思われました。

しかし、現在では透析医療により患者さまが長生きできるようになったことと、新たな患者さまが増えてきたことにより、透析患者数は全国で26万人をこえ(2008年現在)、人口500人に一人くらいの割合で透析を受けていることになります。

さらに"透析は受けていないけれども腎臓が悪い"という方の数はもっと多く、最近では「慢性腎臓病、CKD: Chronic kidney disease」と称して、「高血圧」や「心臓病」とは切っても切り離せない病気である、と認識されるようになりました。

すなわち、腎臓病はただ「腎臓が悪くて尿毒症になる」心配があるだけではなく、高血圧を悪化させる原因のひとつであり、心筋梗塞などの心臓病の原因のひとつでもあるのです。また、「高血圧」や「糖尿病」は腎臓病の原因ともなっており、このように考えると、腎臓病は生活習慣病(成人病)である、といっても過言ではありません。

私たちは腎臓病患者さまの良きパートナーであるために、透析医療だけではなく「腎臓が悪い」方々のご相談・治療に臨んでおります。どうぞ、遠慮なくスタッフまで声をおかけ下さい。またお問い合わせ下さい。

日本腎臓学会HP


WEBからのお問い合わせ